お知らせ

中国シャドーバンキング大手の破産

今月の5日に北京ではシャドーバンキングの最大手の中植企業集団が破産となり、第一中級人民法院は申請を受理したニュースが流れました。やはり投資の基本は不動産物件、そのものであり第三者などへの資金委託はリスクが高いことが証明されたようです。中国での不動産不況はこれで一段と厳しくなり経済の回復には時間がかかりそうです。それに引替え、日本の株式と不動産案件は堅調となっており、明、暗がはっきりと分かれております。

 

ご意見、ご質問などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら